脱毛 抜く 剃る

脱毛を自宅でセルフでやる!となると、方法として思い浮かぶのが“抜く”、“剃る”という方法ですよね。
ツルツル、スベスベのお肌になるために、自宅で自分で脱毛する場合、抜くはやっぱりNG。

毛抜きなどでムダ毛を1本1本抜くのは、生え揃ってくるまでの時間が剃るに比べて長いのでいいといえばいいのですが、毛根の先にある毛乳頭という部分を傷つけてしまうので、お肌の内部で出血していたり、細菌などが侵入して毛嚢炎とかになってしまうこともあるようなので、やっぱり抜くというのは避けた方が良さそうです!

で、脱毛を自宅などでセルフで行うのに剃るという方法がありますが、まぁ、剃る!なので、脱毛というわけではないのですが、この方法をやっている方が、アンケート調査などでも一番多いみたいですね。

実際にムダ毛処理の方法として自分で剃る場合、シェーバーなどをお肌にあてるまえに、お肌やムダ毛を事前に湿らせておくと剃りやすいそうです。
もちろん、剃った後は、しっかり保湿ケアをすることが大事。
これは、家庭用脱毛器をつかった脱毛でも同じですが、サロンなどではエステシャンがしっかり脱毛後のお肌のケアをしてくれますが、自分でセルフで脱毛をすると、ついつい忘れたり、適当になったりしやすいんですよね。
処理後のお肌は敏感なので、低刺激のボディーシートなどをあててクールダウンするのもいいみたいですよ!
あと、お出かけの時は紫外線対策もしっかりすること。

見えにくい部分の脱毛であっても、紫外線は洋服なども突き抜けてきますので、要注意ですよ!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ