自宅でやる正しいすね毛など足のムダ毛処理のやり方

自宅で自分でムダ毛処理するときに気を付けること

セルフ脱毛

脚のムダ毛などを処理するのに、多くの女性(男性も)は、カミソリなどをつかって自分でセルフ処理をしているという方が、まだまだ多いです。

最近は、脱毛サロンも脱毛料金がそれなりに安くはなってきていますが、それでもやっぱりそこにお金をかけるのが厳しいという方や、わざわざ脱毛サロンに予約を入れて通うのが面倒!など理由は人それぞれでしょうが、ただ、自宅などで自分でムダ毛処理をするときは、正しいやり方をしないと、お肌を傷つけ、それがシミや肌荒れ、埋没毛などにつながってしまうので、注意が必要です。

すね毛など脚のムダ毛をカミソリで処理するときのやり方

すね毛などを剃るとき、お風呂場などで石鹸などでなじませてササさっと終ってしまうという方も多いかもしれません。

ですが、お風呂場でのムダ毛の処理が悪いとはいいませんが、けっこう雑菌などもいるので、清潔にするということに注意をして行う方がいいですね。
特にカミソリは、すぐに錆びたりして、その錆びが、傷口などに入ってしまうと思いもよらないトラブルになることもあるので要注意です。

また、ひざ下のムダ毛処理をカミソリでするときに、よくあるのが足先から膝に向かって剃るというもの。
これが、毛の生えている流れに逆らっていないのであればいいのですが、毛の流れにさからっていると、カミソリ負けなどになることもあるし、剃った毛の断面が大きくなって、毛深くなった印象にもなるので、剃るときは、毛の流れに沿って剃ることが大事です。

また、生理中などはお肌が敏感な時期でもあるので、できるだけお手入れをしないようにするなどした方が余計な肌トラブルを避けるためにも重要です。

自宅でセルフ処理はアフターケアが大事

自分でムダ毛処理をしていると、剃ってそのまま!にしておくと思わぬ肌トラブルを引き起こします。

特に埋没毛などは、後々面倒なので、処理後は、クリームや保湿ジェル、化粧水などを使ってしっかりとスキンケアをすることが大事です。
せっかくムダ毛処理をしてお肌をきれいにしても、お肌がガサガサだったりしたら、生足などを披露することもできなくなっちゃいますからね。

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ