ムダ毛の自己処理、VIOなどデリケートゾーンで気をつけたい肌トラブル

ムダ毛を自己処理でチャチャッとやってしまうのはイイですが、部位によってはお肌への負担、トラブルにもつながるので気をつけたい点もたくさんあります。

特に、vioなどデリケートゾーンのムダ毛の自己処理は注意が必要。

ムダ毛の自己処理で起こる肌トラブル

では、vioなどデリケートゾーンのムダ毛を自己処理して起こる可能性がある肌トラブルにはどのようなものがあるのか?紹介していきたいと思います。

自己処理でも、カミソリなどで″剃る”という自己処理方法と、″抜く”という自己処理方法がありますが、それぞれに引き起こす肌トラブルがあるので紹介します。

まず、剃る。

カミソリなどで剃るという ムダ毛の自己処理方法が一番多いと思うのですが、最近は、安全にムダ毛処理が自分でできる電気シェーバーも人気。

ただ、電気シェーバーは、直接肌にふれないようになっているので安全なのですが、その分どうしてもムダ毛が残りやすくなってしまいます。

なので、やっぱりカミソリでしっかり剃るという人も多いです。

で、カミソリで剃ることで一番起こりやすい肌トラブルが”カミソリ負け”。

さすがにOラインやIラインをカミソリで剃ることはないと思いますが、Vラインなどを剃っていて、カミソリ負けした時は、肌はあれるし、炎症を起こしてかゆくなるし大変です。

他にも、毛嚢炎、炎症性色素沈着といったトラブルの可能性もあります。

毛嚢炎は、ニキビのような膿を持ったりして、臭いのもとにもなるので、気をつけたいところです。

次に、抜く。

抜くことで、毛根部分が傷ついてしまいます。

また、何度も繰り返し抜くことで毛穴の傷ついた部分が瘢痕化して、硬い皮膚になってしまいます。鳥肌のようにポツポツとしたかたい状態になる症状ですね。

そして一番身近というか、体験した方が多いと思うのが″埋没毛”。

ムダ毛が皮膚の中に埋もれた状態になって、そこから化膿したり色素沈着を引き起こしたりすることもあります。

わたしは、埋没毛になった部分を刃物でちょっと切って毛を出して抜いたりしたことがありますが、あれも長い目で見ればあまりいいことではないみたいですね。

 

出来る限り、皮膚、毛穴の内側を傷つけないように、自己処理をする場合はきをつけたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ